通販大好き主婦です! 主婦の暮らしが楽しくなるような商品・サービスをご紹介

ヤマキレシピ本出版記念 ブロガーミーティングに行ってきたよ!かつお節の旨味って日本人だなと思う

スポンサードリンク




先日、ヤマキレシピ本出版記念ブロガーミーティングに「ヤマキ株式会社」様からのご案内により参加させていただく機会がありました。私も料理サイトをやってみたいなと思ってたところで、ブログは始まってるのですが、なかなか軌道にはまだ乗ってないので、来年からは少し重点をそちらの置こうかなと思ってた矢先に、日頃からなじみのあるヤマキ様のイベント。内容も行ってきてよかったなと思えるイベントでした。イベントの模様をかい摘んでではありますがブログにアップしたいと思います。

 

行ってよかったヤマキレシピ本出版記念ブロガーミーティング

katuo5

今回ヤマキレシピ本を出版されたそうです。日本人にはかつおのだしは切っては切れないもの小さい頃から親しんできた旨味成分が凝縮されたものです。でも、実際かつお節の料理と思うとお浸しにかけたり、冷奴の薬味として乘せたり、あとは普通にだしをとったり。お客様からも「美味しいだしの取り方は?」とか「お浸しや冷奴以外にはどんな料理に使えるの?」とかの質問が多いそうです。確かにそうですよね。以外とそれ以外には使ってなかったりして・・。でも実はもっともっとかつお節って使えるんです。かつお節の旨味成分を利用して減塩料理にも役に立つそうです。それで今回のレシピ本の出版へと繋がっていったのだと思います。

 

馴染みのあるヤマキのかつお節

katuo

ヤマキの製品って馴染みのものがホント多いですよね。

katuo7

めんつゆは実にお世話になっています。白だしは関東の人だとちょっと前まではなじみがなかったんじゃないかなと思います。最近ではスーパーにも売ってますので、料理の色みが綺麗に仕上がりますし、だしの濃さを感じる割烹料理屋さんのような味を作れちゃうんですよね。

katuo8

私が小さい頃といえばこの本節をよく、薄い記憶ながらもなんか削らせられたような気がします。この本節繊維に沿って削るのと繊維を断ち切って削るのと用途が若干かわってくるそうです。

katuo10

ヤマキの歴史は古く創業90年日本国内かつお節の消費量の構成比14%とシェアNO1を誇ってます。

katuo11

楽しいクイズなどを交えながらかつお節の勉強をおさらいしたような感じです。

 

イノシン酸が1.5倍 ヤマキの氷温熟成法

katuo6

かつお節の旨味成分はイノシン酸と言われるものです。昆布のグルタミン酸と合わさるとさらに美味しさは増幅されます。ヤマキのかつお節の製法には秘密があって、氷温熟成法というのがとられています。氷温熟成法っていうのは0度以下の鰹が凍る直前までの温度帯(氷温帯)で、鰹の鮮度を保ちながらかつお節に仕上げる製法だそうです。この製法によってかつお節の旨味であるイノシン酸が多い美味しいかつお節に仕上がるというわけです。実に従来の1.5倍のイノシン酸の量だそうです!たしかに、お刺身などサクで購入してきても、家に買えるまでにドリップがでて旨味が出ていっちゃうという経験は主婦の方にはわかるかなと思います。旨味を逃さない製法なんですね。

この後、人気料理ブロガーのちょりママさんや勇気凛りんさんのかつお節料理のレシピのお披露目や沖縄のかちゅー湯の紹介とかレシピブログのコンテストで賞を撮った料理の試食とかがありました。実に盛りだくさんの内容でした。

katuo4

かちゅー湯って何か私も沖縄でそんな料理があるのはテレビか何かで見たことがあるような記憶があります。ものすごく簡単で試食させていただきましたが、かつお節の旨味がダイレクトに出てきて、これ家でも早速つくろうと思ったぐらい、簡単なのに美味しかったですよ!アレンジとして、にんにを入れたり、レシピ本の方を見るとアボカドとベーコンなんていうのも入ったりしたレシピがあったりと、アレンジは多彩のようです。アイデァ次第かな。だけど簡単にネギとかつお節と味噌が一番美味しいかも?なんて思います。

katuo14

かつお節料理って意外と何でもできちゃうものなんですね。

 

かつお節の味は家庭から愛情がかなめ

katuo16

料理ブロガーで有名なちょりママさんと勇気凛りんさんです。お名前だけはレシピブログなどで知ってましたが。ご本人たちとこうやってお目にかかるととっても気さくな感じでトークも料理も脱帽な感じのお二人でした。一気にファンになっちゃいました。料理研究家のような感じでもないし、家族のためにつくる料理を楽しんでる姿が、とっても距離が短い感じがよかったですね。もちろんお二方の料理の手際のよさや料理そのものもすごいなと感じました。

katuo15

ちょりママさんはかつお節を使っただしで、和風なクラムチャウダーをつくってくださいました。この写真はだしの香りでも嗅いでるところかしらん?

katuo17

お野菜たっぷりのチャウダー。チャウダーですからお子さんにも食べやすい素材のの大きさに揃えられてます。朝からこのスープを飲んでいったら体が温まっていいですよね。

katuo19

勇気凛りんさんはかつお節とオリーブオイルと梅干しでちょっとしたソース(かつお節のオリーブオイル焦がしじょうゆという名まえが付いてました)をつくって、今回はパスタと和えました。万能調味量のような感じで、これは一回つくっておけば、炒飯にも利用できたりするそうです。

katuo20

これ見た感じ簡単で、食べてみてさらに美味しいんでオススメだと思います!勇気凛りんさんは、ちょりママさんが若いからテンポがいいみたいなことをおっしゃってましたが、勇気凛りんさんの手際もなかなかなものです。

katuo21

こちらの料理を試食させていただきました。

katuo25

こちらはちょりママさんの和風のチャウダー。あらかじめかつお節のだし汁で煮てあるので、野菜にほんのりかつおだしが染みこんでいます。小さいお子さんにもかつお節のだしの味って親しんでもらいたいですよね。野菜たっぷりの愛情料理でした。

katuo24

これ勇気凛りんさんのパスタですが、写真じゃ味は伝わってこないかな??写真以上に和風で日本人にしっくりするパスタですよ~!!梅干しとかつお節と醤油ってベストの組み合わせですものね。それにオリーブオイル。モコズキッチンばりにさらに最後にオリーブオイルを回しかけ、かつお節をトッピングするところがGOOD!でしたね。

katuo23

こちらは沖縄のかちゅー湯、これもオススメです!!

 

ヤマキさんのブロガーミーティング雰囲気がとってもよく、来年やっぱり、かつお節料理はもちろんですが、いろいろと料理ブログやっていければなと思った次第です。料理ブロガーのお二方の楽しそうな感じがよかったからかな。日本人としてのだしの味に気付かされたからかな・・・?

 

katuo24

司会進行はクック井上さん。お笑い芸人が本職?料理の方が本職なのかしらん?とっても軽妙なしゃべり口でよかったですよ!最後にヤマキさんからかつお節のお土産とレシピ本とクック井上さんが持っているトートバックを頂きました。ありがとうございます♪

 

arrow049_01ヤマキの公式HP
鰹だしのことならヤマキ!ですね


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ

ランキングバナー
いつも応援ありがとうございます♪

投稿者プロフィール

nattyan
nattyan主婦/ブロガー
いくつかブログを運営しています。このブログでは主婦の暮らしに役立つ商品の紹介やレビューを書いてます。お気軽にコメントなどいただえれば嬉しいです♪
ツイッターGoogle+Facebookでも情報発信しています。つながっていただければ幸いです。ごゆっくりお楽しみください!
スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連記事

    • ヤマキ株式会社 鈴木裕子
    • 2013年 12月 02日

    nattyan様
    こんにちは。ヤマキ株式会社の鈴木と申します。
    先日は「かつお節レシピ本発売記念ブロガーイベント」にご参加いただきありがとうございました。また、ブログでもご紹介いただき、誠にありがとうございます。ブログ拝見させていただきました!“行ってよかった”のお言葉、我々もうれしい限りです。

    ご紹介させていただきました「かちゅー湯」は本当に簡単ですのでお好きなアイデアで、ぜひ、楽しんでみてください(*^^)v お味噌の代わりにめんつゆ(大さじ1)を入れても美味しくいただけます!また、レシピ本がnattyan様のお料理ブログの一助になりましたら幸いです。これからも頑張ってください☆

    これからも「いいだし、いい鰹節。ヤマキ」をどうぞ、よろしくお願いいたします。

    ヤマキ(株)鈴木

    • nattyan

      鈴木様
      コメントありがとうございます。そして、先日はお世話になりました。
      スパムメールが多くて、返信遅くなって申し訳ありません。

      先日のイベントは、本当に私にとって楽しくもあり、自分の中で
      来年はちょっと料理のブログを重点的にやってみたいなと思わせてくれた
      イベントでもありました。

      かつお節の美味しさを再発見もできました。
      また、何かヤマキ様との縁も出来ましたので、今後ともよろしくお願いします

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


language

カテゴリー

アーカイブ

チェックしてね

Google+

Twitter

スポンサードリンク