通販大好き主婦です! 主婦の暮らしが楽しくなるような商品・サービスをご紹介

バンフとレイクルイーズ周辺夏のカナディアンロッキー自分に戻る旅プラン

スポンサードリンク



自分に戻る瞬間って?

先日、カナダ大使館でカナダアルバータの魅力をたっぷりとお話しいただいたところで、私もまたさらに、以前よりカナダに行きたい。カナディアンロッキーの雄大さに触れてみたくなりました。その後の課題として「自分に戻る瞬間」というテーマをいただきました。

 

カナダがスタート

もう私と夫が結婚してから二十数年早いもので、経ちました。そうすると、休日は二人行動することが多く、遠い所へは、なかなか出かけられないのですが、あちら、こちら近いところにはよく出かけております。今になると、そんな時間が、結構ほっとする時間なのです。気を遣わないし、旅っていいもので、非日常の世界に連れていってくれて、また明日への活力源になってくれるんですよね。私達夫婦のスタートは、カナダへの旅がスターとでした。だから、カナダへの思い入れってあったりします。想い出の地カナディアンロッキーの旅のプランを考えてみました。

 

雄大な自然

ca01

エメラルド色の湖レイクルイーズ

 

自然の中で出来る事

ca02

レイクルイーズ湖畔をちょっとだけ散歩したことがあるのですが、二十数年前のカナダの旅は横断鉄道とバスとで移動で鉄道の旅はのんびりしていましたが、バスからバスへの移動で、その地点に長くとどまるっていうことをしてないので、ゆっくり、じっくりカナダの大自然を楽しみたいのです。この写真のように例えばカヌーをしたり、湖畔を時間をかけてトレッキングなどもいいですね。

ca03

この写真は、ヒントン近郊ロック湖らしいのですが、レイクルイーズで、このようにキャンプしてみたいな・・。焚き火とかって炎を見てる時間が、またいいのです。カナダの自然の中でのキャンプって想像しただけでわくわくしてきます。

 

野生動物と共生

ca08

こんな野生動物にも出会えるかもしれません。カナダってそういうところだと思います。

ca09

こんな、可愛い小動物にも出会えるかも。

・・・ちょっと悩むところはシャトーレイクルイーズや、バンフスプリングスホテルなどの素敵なホテルもありますので、こちらも捨てがたいのでテントとホテルと両方ということになりますかね・・。

ca04

こちらの画像はアイスフィールド・パークウェイ ウォターファウル湖周辺らしいのですが、レンタルでキャンピングカーを借りて移動もしてみたいです。やりたいことありすぎます。こうなるとテント貼る必要なくなっちゃうな・・。

ca05

やっぱり、ちょっと日本では考えられない光景。バンフゴンドラです。この風景は圧巻ですね。時間が許す限り、この自然をゆっくりした時間の中で過ごしたいです。

 

バンフの街並みと自然と美味しい食事

ca010

バンフの街並みです。空気が澄んでます。都会の街並みとは違いますね、ショッピングを楽しむのも、カナダの食を楽しむのもこんな街並みの中がカナダらしいですよね。

ca011

アルバータ牛のステーキ

ca07

こんなビックサイズのハンバーガーも思う存分味わえるかも・・ですね

 

一度は行っておきたいオススメのカルガリー・スタンピード

ネタフルのコグレさんの話で、カルガリースタンピードがオススメらしいのでカルガリーに足を伸ばして100年の伝統の祭典も見学してみたいです。

ca1

7月にこのお祭りがあるようです。この時期に合わせて旅の計画をしてみたい。

ca2

勇敢なカウボーイ!

 

自分に戻る瞬間っての私の答え

今回は夏を想定しました。自然を満喫することで、自分本来の姿に戻れるんじゃないのかなと思います。特にカナダの自然の中だと、自分を見つけることが出来るんじゃないでしょうか? 「自分に戻る瞬間」というお題をいただきましたが、自分を見つけられるような、自然と向き合える瞬間が、「自分に戻る瞬間」と言えそうです。

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ

ランキングバナー
いつも応援ありがとうございます♪

投稿者プロフィール

nattyan
nattyan主婦/ブロガー
いくつかブログを運営しています。このブログでは主婦の暮らしに役立つ商品の紹介やレビューを書いてます。お気軽にコメントなどいただえれば嬉しいです♪
ツイッターGoogle+Facebookでも情報発信しています。つながっていただければ幸いです。ごゆっくりお楽しみください!
スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


language

カテゴリー

アーカイブ

チェックしてね

Google+

Twitter

スポンサードリンク